可総研〔カソウケン〕

あらゆる事象を可視化し分かりやすく伝える「可総研〔カソウケン〕」のサイト。

モヤモヤとは

世の中には日々モヤモヤが発生しています。直接的な問題点、間接的な問題、知らない事による失敗、物事の本質を見誤る事による誤判断など、事の大小は別として数え上げればキリがないほどたくさん溢れていますよね。クイズでは一問一答の様に、たどり着く解が必ずあるのに対して、日々の問題は困った事に解が1つではない。
モヤモヤとは?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ビジネスの世界や日常生活には大小さまざまなトラブルが発生しています。トラブルの大半は「情報の不一致」が原因で発生するため、それを抑止することが大切です。私たち可視化総合研究所は、その「情報の不一致」を未然抑止に向けて、「あらゆる事象を可視化する」をコンセプトに多くの企業様へ気づきを提供してきました。「可総研」サイトは、トラブルの事象を数多く掲載することで、読者の気づきになればと思い運営しています。トラブルは無駄であり不要なコストとなるため、それらを抑止することで働く人たちの日常が楽しくなれば幸いです。
可総研サイト」では、「情報の不一致」の事象を紹介すると共に、そのプロセス(流れや因果関係)を「可視化」し、改善策を掲載しています。

可総研コンテンツ

第1章 可視化
第2章 伝える
第3章 リスク
第4章 情報セキュリティ
第5章 ムダ・ロス
コーヒーブレイク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  先日、買い物をしてレジでお支払いの際に、3,201円と表示されました。こんな時は、小銭入れの1円玉を探しますよね。小銭入れの中を探しつつも、レジに並ぶ後ろのお客様の視線を感じながら、結局1円玉は見つからなかった経験はありますよね。この前も1円玉が無くて、569円のお釣りを受け取りました。消費税が8%になってから、1円玉を使うシーンは激増しました。


そんな悩みを解決してくれるのが、ドン・キホーテの「ジャストボックス」。「ジャストボックス」とは、レジ横に置いてある1円玉のことで、1回のお会計で4円まで使えるサービスです。先ほどの例で言えば、3,200円をお財布から出して、1円は「ジャストボックス」を利用しちゃう賢い方法だし、ありがたいサービスですね。他のお店でもやってくれれば良いのにと思ってしまうのは私だけでしょうか?

事象から学ぶこと

お支払いの際に端数を探す時間は、時間のロスになります。レジの店員さんはお客様はお金を出すまでは待ち時間となります。仮に1人10秒(小銭入れを取り出し1円玉を探す作業)かかるとすれば、100人で1,000秒(約17分)の無駄な時間となります。少しの工夫で小休憩できる時間は生み出せるのです。

「ジャストボックス」は消費者から見て嬉しいサービスですが、お店側にとってもメリットがあるため一石二鳥ですね。ご自身の仕事にも無駄な時間が潜んでいないから見直してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

倉庫
業務ヒアリングのためにご担当者様より、業務手順をお聞きした内容を再現します。ほぼ改編無く再現していますので、まずはお読み下さい。
1.山積みの伝票を指差し1枚取る
2.伝票に記載の商品番号キーにして棚の場所へ行く
3.伝票の商品番号と商品に記載の番号の一致を確認
4.必要個数分取り台車に載せる
5.伝票に記載の商品を繰り返し集める
・・・以降は割愛

  途中までは「何をする業務なんだろう?」と不安でしたが、手順5の辺りでやっと理解出来ました。どのような業務か理解出来ましたか?
実は「ピッキング作業」の説明をしたかったのです。「ピッキング作業」とは、顧客からの注文伝票を元に、棚等に保管された商品をピックアップする業務です。例えば商材がお菓子の場合、チョコレートやガムの注文に対して、棚から必要個数分を持ってくる業務で、最終的には顧客へ発送します。

文面からでは伝わりにくいですが、ご担当者様は非常に丁寧に説明して頂けました。今回の事象を題材にするのは少々気がひけますが、より良くなればと想い掲載します。

事象から学ぶこと

ご担当者様と接する機会があれば、「結論を先に言おう」とお伝えしたいですね。冒頭に書いたように、聞き手の私は途中で不安になり、最後の説明で意図を感じ取れました。「ピッキング作業の説明をしますよ!」と最初に言えば、続きの説明が理解しやすくなります。たったこれだけの工夫で、説明時間も短縮される上に聞き手にも良い印象をもたらします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日大前監督・コーチを除名 関東学連、選手への指示認定によると次の内容です。
関東学生アメフト連盟は日大の指導者2人は会見や関学大への回答書で悪質タックルの指示を否定していたが、選手、コーチ、審判らへの聞き取りの結果、タックルした選手が証言していた井上前コーチの「相手選手がけがして出られなければ日大の得」、内田前監督の「やらなきゃ意味ないよ」といった発言を事実とし、「けがをさせる意図が込められていた」と認定。日大の体質を「監督の言うことは絶対だった」などとし、最も重い除名処分となった。

本記事は、日大コーチ「心を育てるため過激表現」 反則指示は否定の続報です。双方の主張が真っ向からずれていましたが、関東学生アメフト連盟の判断ですっきりしましたね。虚偽の説明をし世間を騒がせたため、重い処分になって良かったです。当該選手が復帰できるように、願うばかりです。

事象から学ぶこと

虚偽の報告はあってはならないことです。組織ぐるみで隠ぺいの印象がありましたが、第三者機関が正しい判断を下しました。今回の一連の対応で、組織(日大)の信頼感は落ちてしまいました。信頼回復には時間がかかりますが、悪しき体質を改善する努力は続けて欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ